まるごと野菜

青汁の値段を比べる

青汁には様々な種類があります。
選ぶのならば無農薬、無添加の有機栽培を選びたいものです。
しかしやはり手間がかかっている青汁は意外と高いものが多いのです。

そこできちんと栽培場所がわかっており、値段が安い青汁を探してみることにしましょう。
「遠藤博士のみどりの青汁」はあの青汁の元祖たる遠藤博士がこだわり抜いて作った青汁であり、ケール100%の青汁とされています。
農薬を使わず、化学肥料が使わず、添加物を使わず、着色物を使わないのが原則の青汁が価格も安くお求めやすくなっています。

1袋2835円で、セット購入ですと5箱で4箱分の11340円となっております。
自分でスプーンで測って飲むので誤差がでてしまいますが、約1杯当たりの値段が34円〜42円という値段になっています。
ちなみに1包ごとになっている青汁となりますと、1杯当たりが84円となり、5箱セット購入ですと67.2円となります。

袋包まれてに入っているかいないかでの値段の差はありますが、飲みやすさと袋の代金によっての値段の大きさも分かります。
ただケール100%ですので、この青汁は味の中心として意見が分かれる青汁です。
お試しセットもありますので、味の確認をして飲み続けることができるかどうかを判断しましょう。

「しあわせ青汁」は東京都八丈島産の明日葉と大分県北部産の大麦若葉にケール、静岡県牧之原産の緑茶と全て国産の原材料をブレンドした青汁です。
1杯当たり49.6円となっており、定期購読になりますと1杯41.6円と約10円近くの差があります。
ですが味が分からない場合はまず1箱購入から始めましょう。

いくら飲みやすいと書かれていても実際に飲んでみない限りは自分の味覚と合うとは限りません。
お試しセットはありませんが、お試し価格での購入が可能であり、気にいったら定期購入するようにしましょう。
他にも産地や栽培方法がよく、安い青汁もいくつかあります。

特に定期購入は安くなっていることが多いので、気にいれば切り替えた方がいいでしょう。
Copyright(C) 病気知らずのカラダに All Rights Reserved.