まるごと野菜

青汁はいつから飲まれているのか

青汁の歴史は古く、実は1000年前からあったとされています。
日本最古の医学書である「医心方」という書物にも野菜の絞り汁という記述があり、青汁と変わりなかったとされています。
それからほそぼそと民間療法的な伝わり方がされてきたと言われています。

昔から身体に良いものとしての認識は高かったことが伺えます。
そして戦中戦後において、当時の軍医であった遠藤博士が捨てられている葉などに栄養があると皆に与えたところ。
多くの人に健康を齎しとことから遠藤博士は戦争が終わった後、医師に戻った時にも研究を重ね、ケールの青汁にたどりついたと言われています。

そのためかケールは日本が原産の野菜でないにも関わらず、青汁の元祖とされているのでしょう。
ちなみに「青汁」と命名したのは遠藤博士の奥様だそうで、綺麗な緑色の汁だったので青汁と呼ぶようになったそうです。
昔は「緑」を「青」と表現されることも珍しくはありませんでした。

そして名前が一般に知られるようになったのは某CMの「不味い。
もう一杯」というインパクトのある言葉と、なんといっても全国的な某TV番組のコーナーで罰ゲームとして使われたことです。
「不味いけれど身体にはいい」ということを全国に印象づけてしまったためか、今でも青汁はとても不味いものという印象が持たれています。

ですが、各メーカーの努力によって、今では美味しい青汁、飲みやすい青汁、青汁の味がしない青汁などというほどに多種多様な青汁が溢れているのです。
しかも飲む目的も、昔は貧しさが食糧難から栄養を少しでも摂るために飲まれていたものが、今では野菜不足による栄養不足を補うために飲まれているのです。
ある意味、今の青汁を飲む理由は贅沢なのかもしれません。

しかし身体に足りない栄養素を補ってくれるというのは身体にとって大切なことであることに変わりはありません。
いつの時代も様々な形で人間の身体を助けてくれるのが青汁と言えるのです。
Copyright(C) 病気知らずのカラダに All Rights Reserved.