まるごと野菜

原材料はどこで作られてるの?

青汁の材料はそれぞれに産地が違います。
ケールや大麦若葉は温かい九州地方が産地であり、主にそちらの方で作られているものが多いといえます。
明日葉は房総半島や紀伊半島、伊豆諸島などの太平洋側の地域が主な産地とされています。

しかし産地も重要ですが、どのような栽培方法で作られているのかがとても重要になります。
実は栽培方法については会社が独自に栽培しているところ、契約している農家に栽培を委託しているところ。
買い付けているところというようにメーカーによって違いがあります。

その中でもよい栽培方法は会社で作ったり、農家で栽培されている原料でしょう。
メーカーのこだわりによって、無農薬、化学肥料なしの有機栽培で作られている青汁の原材料は、毎日飲む青汁としてもとても安心できます。
一番不安なのは買い付けてくる原材料で、農薬が使われていたり、化学肥料が使われていたり、国外で作られているものも多いのです。

国外が全て悪いのではないのですし、国産が必ずしも安全だという保障がないのですが、契約農家で栽培されている原材料がお勧めです。
こうした情報は通販ですとホームページなどに詳しく載っていますし、ドラッグストアなどではパッケージをよくみて選ぶようにしましょう。
ドラッグストアで選ぶ場合は値段も重要かもしれませんが、こうした表示が載っていてその中で安いものを選ぶということができます。

ただしドラッグストアの半分ほどの青汁は何も書いていなく中にも説明書がないことが多いそうです。
製造会社がそのまま産地という会社の青汁がないわけではありませんが、少ないことは確かですので会社の場所が原材料の産地ということはあまりありません。
ですからいくら安価な青汁を求めていても、何も書かれていない青汁を買うことはお勧めできません。

青汁の原材料に求めるのは原材料にあった産地と、会社によって結ばれた契約農家による無農薬、有機栽培で作られたものといえるでしょう。
Copyright(C) 病気知らずのカラダに All Rights Reserved.