まるごと野菜

青汁パワーの秘密

青汁というのは緑黄色野菜の丸ごと絞り汁です。
つまり野菜ということになります。
勿論青汁を飲んでいれば野菜を食べなくていいということにはならないのです。

ですが、現代日本人は、食の欧米化や独り暮らしに伴う食の簡易化において驚くほどに野菜を摂る量が少なくなっているのです。
それを補ってくれるのが青汁にあります。
野菜不足の解消によって、身体に様々な成分が行き渡り、中でも食物繊維は腸を活性化させて、腸に蓄えられてしまった老廃物を排除します。

いわゆる便秘の解消です。
便秘は現代病のように言われていますが、原因のひとつには野菜不足による食物繊維不足という事態があります。
つまり青汁を飲むと便秘が解消されるという人が多いのは、腸を動かすにたる食物繊維が足りているということになるのです。

また野菜不足が問題になることに対し、血液が関係してきます。
肉や脂っぽいもの、嗜好品などの甘いものによって血液はドロドロ血と例えられるほどに流れが悪くなりばかりか、そのことによって起こるとされているのが生活習慣病です。
青汁及び野菜には血をサラサラ血に変えることだけではなく、血圧が上がるのを抑制したり、コレステロール値が上がることを防ぎます。

生活習慣病の予防によいとされているのです。
また身体に血液がスムーズに巡回することによって末端まで血液と血液に運ばれる栄養が行き渡り、冷え症などの改善にも大きく貢献してくれます。
血栓などができにくい「ピラジン」という成分によって血栓も出来にくくなり、心臓や脳に関する大きな病気の予防にもなります。

またなんといっても青汁を飲んでいたら、いつの間にか痩せていたと言われるほどで。
これは老廃物の排出効果と身体の新陳代謝の活性化によって、体質が痩せやすく太りにくく変化するのです。
今では青汁を飲んで健康的なダイエットをするという人も増えているのです。

野菜不足を解消するだけではない青汁のパワーを試してみてはいかがでしょうか。
Copyright(C) 病気知らずのカラダに All Rights Reserved.