まるごと野菜

青汁はどうやって作られているの?

販売されている青汁は、まず無農薬、化学肥料なしの有機栽培方法で育てられた場合。
農薬などが飛来してきてないかなどの最終チェックを行い、青汁にするために工場に運ばれていきます。
畑の近くに工場を作って収穫仕立てを青汁にする会社もあります。

届いた材料を大きな機械にいれてひたすら洗浄します。
土の汚れなどがなくなるまで何度でも洗浄して、カットしていきます。
カットすることによって泥や異物などがさらに分かりやすくなります。

ふるいにかけることによって異物の排除も検査もやりやすくなります。
また泥や異物などを完全に排除した状態で、原材料の鮮度や栄養素を壊さないように、できるだけ低い温度の温風で優しく乾燥していきます。
メーカーによっては一度に乾燥させるのではなく、二度じっくりと乾燥させるという方法をとっているところもあります。

じっくりと乾燥させた青菜に異物などがまぎれていないかをチェックしたら、粉砕していきます。
粉砕とは飲みやすい粉状にすることで、凍らせてから粉砕するという方法をとっている工場もあり、そうすることによってなめらかな喉ごしになるとされています。
そして再び検査を行います。

特に水分検査は重要で、水分値が高いと雑菌が繁殖する原因となるので、基準を満たしているかが大切です。
もし見逃してしまえば梱包から破ったら、雑菌やかびだらけになってしまいますので、異物が入っていないのかと同じくらい大切な検査です。
全ての検査を通過したら青汁の完成です。

後は梱包されて、袋に詰められ、消費者の元に送られていきます。
これらの行程はある工場を参考にしながら、他の工場のやり方で別にある方法も加えています。
大まかな過程はこのようになりますが、他の工場ではこのような方法も使用しています、という感じです。

勿論、他にもあります。
ちなみにブレンドや配合されている成分が加わっている青汁はまた少しばかり違うといえます。
ここに挙げたのは一種類の青汁の作り方です。
Copyright(C) 病気知らずのカラダに All Rights Reserved.